06-6243-7012
OPEN:火・水・金・土・日(CLOSE:月・木)
11:00~18:00(最終受付17:45)
採血1分!ご予約はこちら

ご予約はこちら

血液検査を、もっと身近に、もっと手軽に。

  1. ご来店いただきご説明と受付をします
    ご来店いただき
    ご説明と受付をします
  2. 検査キットをつかって自分で採血します
    検査キットをつかって
    自分で採血します
  3. 採血したキットを検査機関へ送ります
    採血したキットを
    検査機関へ送ります
  4. 最短2日でスマホにお知らせ
    2日以内にアプリで
    お知らせ

従来の血液検査

腕静脈から注射器で5ml以上の血液採集が必要

※ペットボトルキャップ1杯分

従来の血液検査

銀座血液検査ラボの自己採血なら!

0.06ml(目薬1滴分)の血液で医療検査レベルの精度を実現!

採血量は
目薬1滴分

採血量は目薬1滴分!
銀座血液検査ラボの自己採血なら!

※銀座血液検査ラボの自己採血検査なら、採血時間最短1分で体への負担やストレスを最小限に抑えた検査が可能です。

1分でできる自己採血の流れ

専用器具を使い指先から1滴ほど血液を採取。
痛みをほぼ感じず、体への負担やストレスを最小限に抑えた採血ができます

※痛みの感じ方には個人差があります。

使用する検査器具は、血液検査機関であるMBS研究所(衛生検査所)が独自に開発した、血球を破損せずに血液を採取することができる最新技術を用いています。
簡単で、高精度、スピーディに検査結果のわかる血液検査です。指先からたった1滴採血するだけ。しかも、医療機関での血液検査と同程度の高精度を実現しました。

ご予約はこちら

血液検査項目と料金

男性向けがん検査(腫瘍マーカー男4種)

¥18,000(税抜)
検査項目

検査項目

CEA(癌胎児性抗原)
大腸がん、胃がん、すい臓がん、肺がん、肝臓がん、食道がん、乳がん など
PSA(前立腺特異抗原)
前立腺がん、前立腺肥大、前立腺炎 など
AFP(αフェトプロテイン)
肝臓がん、肝炎、肝硬変 など
CA19-9
すい臓がん、胆のうがん、胆管がん、胃がん、大腸がん、肝炎、肝硬変、胆石症 など

女性向けがん検査(腫瘍マーカー女4種)

¥18,000(税抜)
検査項目

検査項目

CEA(癌胎児性抗原)
大腸がん、胃がん、すい臓がん、肺がん、肝臓がん、食道がん、乳がん など
CA15-3
乳がん など
CA125
卵巣がん、子宮がん、肝臓がん、すい臓がん、胆のうがん、子宮筋腫、子宮内膜症 など
CA19-9
すい臓がん、胆のうがん、胆管がん、胃がん、大腸がん、肝炎、肝硬変、胆石症 など

生活習慣病検査(生化学13項目)

¥8,000(税抜)
検査項目

検査項目

総蛋白(TP)
血清中のたんぱく質の総量で、肝機能や腎機能の異常を調べる。
アルブミン(ALB)
アルブミンは肝臓で合成され、肝臓障害栄養不足、ネフローゼ症候群などで減少する。
AST
肝臓や心臓などの細胞に含まれる酵素。肝臓や心臓に異常があると、血液中の量が増える。
ALT
肝臓の細胞に含まれる酵素。肝臓に異常があると血液中の量が増える。
γ-GTP
肝臓の解毒作用に関係する酵素で、特にアルコール性肝障害で値が高くなる。
中性脂肪(TG)
増えすぎは、肥満や脂肪肝、動脈硬化の原因になる。
総コレステロール(TC)
血液中のコレステロール量を調べる。値が高いと動脈硬化の原因になる。
HDL-コレステロール(HDL-C)
HDL コレステロールには血管壁に付着したコレステロールを運び去る役割があり、値が低いと動脈硬化や心臓病の危険がある。
LDL-コレステロール(LDL-C)
血液中に増加した LDL コレステロールは血管壁にたまり、動脈硬化を促進させる。
尿酸(UA)
尿酸が過剰な状態を高尿酸血症といい、痛風を招く。
尿素窒素(BUN)
たんぱく質の分解による老廃物の一種で、腎臓での排せつ機能に異常が生じると値が高くなる。
クレアチニン(CRE)
老廃物の一種で、腎機能が低下すると血液中に増加する。
HbA1c(NGSP)
過去1~2カ月の平均的な血糖値を調べる。

B型・C型肝炎検査

¥8,000(税抜)
検査項目

検査項目

HBs抗原
B型肝炎ウイルスに感染しているかどうか調べる。
HCV抗体
C型肝炎ウイルスに感染しているかどうか調べる。
ご予約はこちら

検査結果管理アプリ「Lifee®

検査結果は最短2日で専用スマホアプリ「Lifee®」へとご通知いたします※検査結果は土日祝を除いた2日後に
お知らせいたします

検査結果管理アプリ「Lifee®」

専用スマホアプリ

「Lifee®」では検査結果の確認や過去の検査履歴のグラフ表示まで、全てアプリ上にて行えます。過去のデータと照らし合わせながら経過を観察していく健康管理にもお役立ていただけます。
血液検査結果の他にも健康診断の結果やBMIの記録もできます。

  • iOSアプリ QRコードiOSアプリ
  • Androidアプリ QRコードAndroidアプリ
  • ※ 専用スマホアプリ「Lifee®」は採血の際にアプリインストールをしていただきます。
  • ※ 検査結果を書面にて郵送することや、店頭での受け取りも可能です。
  • ※ 郵送の場合は別途費用が発生いたします。

よくあるご質問

微量採血はどのくらいの精度ですか?

使用する検査器具は、血液検査機関であるMBS研究所(衛生検査所)が独自に開発した、血球を破損せずに血液を採取することができる最新技術を用いています。
そのため高精度での検査が可能となり、医療機関で受ける血液検査と同等レベルの精度を実現しました。
日本臨床検査医学会誌「臨床病理 Vol.65 No.3」

健康保険は適用されますか?
適用されません。
クレジットカードは利用できますか?
下記のクレジットカードがご利用いただけます。
【 Visa / MasterCard / JCB / AMERICAN EXPRESS / Diners Club 】
また、上記のクレジットカード以外に
【 AirPay / WECHAT PAY / PayPal / d払い 】もご使用いただけます。
針による痛みはありますか?
個人差はありますが、浅く針を刺すだけなのでチクッと痛みを感じる程度です。
指先以外からの採血でも検査は可能ですか?
正しい検結果を担保するために、採血は指先からのみとさせていただいております。
検査するにあたって食事の影響はありますか?
男性向けがん検査(腫瘍マーカー男4種)、女性向けがん検査(腫瘍マーカー女4種)、B型・C型肝炎検査は、食事による影響はありません。
生活習慣病検査(生化学13項目)は食後3時間程度空けてから、もしくは朝食前を推奨しております。
検査はどのくらいの頻度ですればいいですか?
健康診断を含め、年間4回以上の検査をおすすめしております。
検診とは違うのですか?
当施設で行う血液検査は、数値による病気のリスクを提示するもので、必ずしも病気である、又は病気でないといった「診断」ではございません。
検査結果が異常値を示したり体調に不安がある場合は、検査結果と合わせて医療機関を受診されることをお勧めいたします。
ご予約はこちら

アクセス

銀座血液検査ラボ 大阪心斎橋店マップ

〒541-0059
大阪市中央区博労町4-7-3
T3 SHINSAIBASHI ビル 303号室
(大阪メトロ 心斎橋駅 3番出口より徒歩6分)

OPEN:火・水・金・土・日(CLOSE:月・木)
11:00~18:00(最終受付17:45)

TEL:06-6243-7012


Mail:info@ketsuken-shinsaibashi.jp

運営会社:Value MED.
pagetop
×

独自の最新技術により開発した微量採血器具による
良質で簡単に採血することが可能

独自の最新技術により開発した微量採血器具による良質で簡単に採血することが可能

これまでの自己採血検査方法では、「繊細な血球が壊れてしまう」「時間がかかり固まってしまう」など、場合によっては検査不能又は大きな誤差が生まれるなど、多くの課題が指摘されていました。今回マイクロブラッドサイエンス社が独自の最新技術により開発した微量採血器具により、良質な検査検体を指先から迅速かつ簡単に採取することが可能になりました。

特許取得のデバイス、信頼ある新技術

特許6104480試料採取分離器具
特許6104440血液採取及び血液収容器を含む血液器具

日本臨床検査医学会誌「臨床病理」2017年3月号に論文掲載

日本臨床検査医学会誌「臨床病理」2017年3月号

日本臨床検査医学会誌
「臨床病理」2017年3月号

「日本臨床検査医学会誌「臨床病理 Vol.65 No.3」

検査には、薬剤無添加のプレーン採血チップで採取して、遠心分離で得られた血清15μLを生理食塩水190μLで希釈し、検体量と試薬量を調整して測定した。また、血液学的検査とHbA1cは、EDTA-2K添加採血チップに吸引した全血試料を用いて測定した。指頭血と静脈血での検査値の相関は、希釈血清を試料とした検査では、TG, T-CHO, HDL-C, LDL-C、GLU、ALT、γ-GTP、UAの各項目でR2 が0.97以上、全血を試料としたHbA1cと血球計数検査では、HbA1cで0.98、WBC, RBC, Hgb, HctでR2 が0.92以上と、いずれの項目もR2 が1.0に近似する良好な結果が得られた。
われわれの新規採血用具を用いた簡便な指頭採血による微量血液検査法は、従来の静脈血液を用いる方法に比べても精度上の問題が少なく、有用な簡易検査法の一つであることが示唆された。
(Rinsho Byori 65: 252~259, 2017)